社長メッセージ|株式会社補償業務センターは、業界の将来を考え、若手の人材を育成し業界のきんぴかの担い手を創り出す企業でありたい

トップ > 代表メッセージ

代表メッセージ

代表取締役 山田信明|株式会社補償業務センター

はじめまして。
社会に出ていく君たち、転職して新たな道を歩もうとしている君たちを仲間としてお迎え出来る喜びは図り知れません。
これからの人生のゴールデンタイムを共に過ごせる事を嬉しく思います。
ありがとうございます。

人生は決して平坦な道ばかりではありません。山があり谷があり、辛い時があるからこそ幸せと思える事が出来ます。
共にその辛い時を乗り越えて一度きりの人生を楽しめる仲間となりましょう。

この仕事は日本の将来が先に見える仕事です。
社会資本整備の一翼に担う誇り高き仕事です。
そのために高度で幅広い知識が必要となります。

建築系から入ってくる方は建築の知識以外も必要となります。
建築系以外の知識を持って入ってくる方は逆に建築の知識も必要になります。

これから知識を身に着けようとすることが大変だという事を、我々は理解をしています。
そのために、新たなスキルを身につけ成長するための投資をする用意があります。

私たちはそれを共に分かち合い、君たちの人生が充実したものとなるための会社組織を目指しています。
会社で必要な知識は基より、社会的に必要なスキルを会社は全面的にバックアップをして人生を豊かなものとするための研修制度を導入しています。
また、労働基準に基づいた、就業規則や今後導入されるであろう制度の積極的な導入に向け、会社組織を強化し、労働環境の改善に努めています。

我々の仕事はニッチな仕事です。幅広い知識と経験が必要です。急な成長は望めないかもしれません。
しかしながらこの業界で長く働いている方は多くいます。
なぜでしょう?
人間は知識を蓄える事を喜びに出来る唯一の動物だからです。

この仕事は知識の量が半端ではありません。
建築的知識は勿論の事、行政に関する知識、経理に関する知識、さまざまな業界に関してのルールや考え方が必要となります。

時には、単純な作業が続く時もありますが、一つとして同じものはありません。

一番辛い事は納期に合わせる事です。
どんな仕事でも納期が決まっています。納期を伸ばす事はありません。
なぜなら、契約に基づきその日までに収めますと約束をしているからです。
よっぽどの事が無い限り延期はありません。

そのため様々な業務のバランスを取りながら進行をしていきます。
チームワークをもって進めていきます。

例えば、遅れそうになったらチームで助け合います。
一人に責任を負わせる事はありません。
ただ、責任感を持って仕事に取り組んで頂きたいと思っています。

基本的には仕事の責任は会社で取ります。まず、社長が一緒に謝りにいきます。
一生懸命やっている人でも何かしらミスを犯します。ミスはミスとして同じミスを犯さないように、どのようにするのか自分で考え行動すべきだと考えますが、一生懸命やった人間には決して責任を負わせる事はありません。
会社はその責任を全面的に取ります。

みんなの事をしっかりと見ていきます。時には叱咤激励します。
こんな思いでやっていきます。

採用のお問合せ・お申込みはこちらから採用のお問合せ・お申込みはこちらから